「生産デザイン工学」教育プログラムで養成する人物像

HOME » 学校案内 » 外部評価 » JABEE » 「生産デザイン工学」教育プログラムで養成する人物像

「生産デザイン工学」教育プログラムで養成する人物像

「生産デザイン工学」教育プログラムでは、養成する人物像(技術者像)を以下のように定めています。  

◎共通の技術者像

1)専攻科入学までに修得した専門分野(機械工学、電気電子工学、情報工学、応用化学、生物工学)に関わる工学知識・専門技術をさらに深め、
  身に付けた技術者

2)他の工学分野の知識・技術を身に付け、融合複合領域の問題に対応できる技術者

3)高い教養と語学力、倫理観を有し、他者と協働できるグローバルマインドを有する技術者

4)日本における近代工業発祥の地である北九州市の歴史的、産業的、精神的マインドを持ち、社会に貢献できる技術者


◎専攻科課程の「重点学修領域」ごとの技術者像

A)環境・資源・エネルギー領域
 生産を通じた環境技術、資源活用、材料開発等の持続可能社会を生み出す生産技術を学んだ技術者

B)エネルギー応用・創成領域
 生産活動の原動力となるエネルギーの応用機器・利用技術、創生技術を学んだ技術者

C)機能・情報デザイン領域
 デザイン(機能と設計)による新たな価値を創出する術を学んだ技術者