北九州高専 基本情報技術者試験に2名合格

HOME » 学校案内 » 広報誌 » 文教ニュース・文教速報 » 平成25年度 » 北九州高専 基本情報技術者試験に2名合格

文教ニュース・文教速報

北九州高専 基本情報技術者試験に2名合格

  平成25年4月21日(日)に行われた春期基本情報技術者試験に、電子制御工学科5年植木泰之君と竹下大地君が合格し、5月に合格証書が届いた。今回2名が合格した基本情報技術者試験を含む情報処理技術者試験は国家試験であり、「情報処理の促進に関する法律」に基づき、経済産業省が情報処理技術者としての「知識・技能」が一定以上の水準であることを認定しているもの。
 彼らは制御情報工学科・山内幸治准教授の主宰する情報技術者試験対策講座の修了生であり、昨年11月6日に開講したこの講座は、コンピュータ言語のプログラミングだけでなく、普段情報処理の講義で取りあげない開発技術、マネジメント、ストラテジなど、開発現場についての内容で構成され、合計80時間に及んだ。当初4年生から2年生まで30名いた受講生は9まで減少したが、全員基本情報技術者試験を受験し、勉学の成果を確かめた。
 25年度期の対策講座はすでに始まっており、名の学生が合格を目指して頑張っている。「受験資格はありませんので、在学中の目標にしてチャレンジして欲しいと思います」と山内准教授述べた。

合格証を手にする植木君と竹下君、山内准教授