北九州高専 学生が国際会議AROB19thで発表

HOME » 学校案内 » 広報誌 » 文教ニュース・文教速報 » 平成25年度 » 北九州高専 学生が国際会議AROB19thで発表

文教ニュース・文教速報

北九州高専 学生が国際会議AROB19thで発表

 別府ビーコンプラザにおいて1月22~24日に開催された国際会議The Nineteenth International Symposium on Artificial Life and Roboticsで、電子制御工学科5年竹下大地君がポスター発表を行った。発表内容は、「画像処理を用いた自動追従ロボットに関する研究」。国際会議への参加は2回目となる竹下君、1時間のポスター発表の間、途絶えることのない参加者の質問に次々と答えていた。発表を終えて、竹下君は「英語で説明するように努めたが、英単語の集まりのようだった。また機会をつくり会話ができるようになりたいです。良い経験になりました。」と感想を述べた。