北九州高専、日本機械学会卒業研究発表講演会で3名が優秀講演賞を受賞

HOME » 学校案内 » 広報誌 » 文教ニュース・文教速報 » 平成26年度 » 北九州高専、日本機械学会卒業研究発表講演会で3名が優秀講演賞を受賞

文教ニュース・文教速報

北九州高専、日本機械学会卒業研究発表講演会で3名が優秀講演賞を受賞

 去る3月3日同校にて、日本機械学会、第46回卒業研究発表講演会を開催した。当日は冷たい雨も降り始めたが、九州・沖縄、山口の各県より340名が参加、合計229件の大学生・高専生による講演発表が行われた。
 本講演会の特徴は九州学生会主催であること。学生がセッションの座長を務め、司会進行や審査にも従事する。初めて「見られる立場」から「見る立場」を経験した学生は、「人の発表を真剣に見たことで、プレゼンというものを改めて考え直す良い機会になりました」と感想を述べた。
 なお、優秀な発表に対して楯と賞状が贈られ、同校からも3名が表彰された。


「医療機器管理システムの研究開発」大牟禮悠(制御情報工学科5年)、
「カプセル型空中撮影装置の開発と姿勢制御」片山将(生産工学専攻2年)、
「複数機のクアッドコプタによる屋外飛行を想定した編隊飛行法の提案」福田拓生(生産工学専攻2年)