北九州高専 ものづくりセンター見学会を開催

HOME » 学校案内 » 広報誌 » 文教ニュース・文教速報 » 平成26年度 » 北九州高専 ものづくりセンター見学会を開催

文教ニュース・文教速報

北九州高専 ものづくりセンター見学会を開催

 永年の懸案であった実習工場の全面改修が25年度に実現し、ものづくりセンターとしてスタートした。これを機に、3月28日新たに北九州高専に導入された機器を地域の企業・学校・自治体関係者に紹介して、共同研究や技術開発などの研究交流・地域貢献をさらに進める目的で、完成披露見学会を開催した。
 センター内創作工房で塚本寛校長が挨拶、寺井久宣総務主事がものづくりセンターと導入機器の概要を説明した。その後、センターおよび学内の見学に移り、5軸マシニングセンタ、精密CNC旋盤、3Dプリンタ、電気自動車、知能ロボット、生産実習用の知能化CIMシステム、電子顕微鏡などの設備・機器を紹介した。
 地域の各社から49名もの参加者があり、機器の共同利用方法について活発な意見交換が行われ、好評のうちに終了した。「今後も外部に向けた説明会を開催します」と地域共同テクノセンター長・浜松弘教授は話した。