中学校PTA、北九州高専を視察

HOME » 学校案内 » 広報誌 » 文教ニュース・文教速報 » 平成26年度 » 中学校PTA、北九州高専を視察

文教ニュース・文教速報

中学校PTA、北九州高専を視察

 6月18日、行橋市立仲津中学校の教頭先生外23名が、PTA活動の一環として、北九州高専を来校した。
 内田教務主事が歓迎の挨拶の後、高専制度の概要と本校の教育方針、5学科の特徴、卒業後の進路について説明し、その後、学内を案内した。
 ものづくりセンターでは、島津技術長がセンターの概要を説明、おりから制御情報工学科5年生の卒業製作実習中、機械加工、仕上げ、電気電子回路製作や創作工房でのディスカッションの現場を見学した。また機械工学科の浅尾教授が、最先端の5軸マシニングセンタや射出成形機などのCNC(コンピュータ数値制御)機械について解説した。
 続いて図書館へ移動、泉図書係長の説明で閲覧室を見学した。また併設しているCALL教室で、大谷総合科学科教授による1年生の英語の授業を見学した。
 最後に高専の特徴である学生寮を、後藤寮務係長の説明で共用施設を中心に見学した。
 あいにくの雨の中での移動であったが、見学者らは、広いキャンパスと施設の充実に感心の様子。昼食に学生食堂を利用、次の見学先の高校へ向かった。