北九州高専、「出前迅速」高専ロボコン九州沖縄地区大会で準優勝

HOME » 学校案内 » 広報誌 » 文教ニュース・文教速報 » 平成26年度 » 北九州高専、「出前迅速」高専ロボコン九州沖縄地区大会で準優勝

文教ニュース・文教速報

北九州高専、「出前迅速」高専ロボコン九州沖縄地区大会で準優勝

 全国高等専門学校ロボットコンテスト2014九州沖縄地区大会が、10月19日(日)に都城市で開催された。今年の課題は「出前迅速」、コースに設けた障害物を乗り越え、3分間に出前したそばのせいろの枚数を競うもの。20チームがアイデアと正確さを競い合った。
 同校からは、Aチーム キャニーカマーズと、Bチーム 蕎麦にいるね が出場した。1回戦に登場したBチームは、巨大な一輪のロボットで参戦、期待を抱いたが通信トラブルに見舞われ敗退した。一方Aチームは確実にせいろを出前して決勝に進出した。
 決勝戦は、唯一2往復できるマシンで勝ち上がった八代キャンパスAチーム 本気(マジ)の宅配便と対戦した。完成度が高く機能美にも優れる八代高専Aチームが優勝、同校Aチームは準優勝に終わった。活躍出来なかったもののアイデアが評価された同校Bチームは特別賞を受賞した。ロボコン部”あばうたぁ~ず”43名の応援も届かず、全国大会出場は果たせなかった。来年を任された後輩たちは、アイデア対決の原点を見直し、悔しさをばねに飛躍を誓った。