北九州高専 日本結晶学会等主催 第4回対称性・群論トレーニングコースに松嶋研究室の専攻科生・本科生並びに松嶋研究室出身者が参加

HOME » 学校案内 » 広報誌 » 文教ニュース・文教速報 » 平成27年度 » 北九州高専 日本結晶学会等主催 第4回対称性・群論トレーニングコースに松嶋研究室の専攻科生・本科生並びに松嶋研究室出身者が参加

文教ニュース・文教速報

 3月7日から11日の間、大学共同利用機関法人・高エネルギー加速器研究機構において、日本結晶学会等主催の第4回対称性・群論トレーニングコース(定員35名)が実施された。北九州工業高等専門学校から、専攻科生(二宮君、安村君)と5年生(我毛君、生田君)並びに松嶋研究室出身の日本学術振興会特別研究員(DC1)の小袋さんの5名が参加した。これまで、同トレーニングコースに高専の専攻科生や本科生が参加した例はなく、同コースを運営された高エネルギー加速器研究機構の諸先生方から、将来、研究者や技術者を目指す若者が積極的に挑戦してくれたことを大変に喜んで頂いた。今回のトレーニングは、理工系研究者にとって高嶺の花である「結晶性固体に関する空間群の基礎と応用」について、その第一人者であるマッシモ先生から直接指導を受けることのできる非常に貴重な機会となった。参加した学生達はいずれも松嶋教授の指導のもと、難解な第一原理バンド計算に日々挑戦している。これまで、固体電子構造が未解明の酸化物結晶に関する理論計算に数多く取り組み、非常に多くの学術論文や国際会議の場でその成果を世界に向けて発信してきた。彼らは、同トレーニングコースを受講して自分自身を一層飛躍させることを決意し、1月から事前の自学・自習に励んできた。今回参加した学生達は、「極めて充実した一週間であった」と大変喜んでおり、「次回のアドバンストコースにも挑戦したい」との頼もしい声も聞かれた。特に、安村君はトビタテ!留学ジャパン制度を活用して、次年度の一年間、スペインICIQに研究留学する予定である。彼らの今後の大いなる成長が非常に楽しみである。