北九州高専 西日本総合機械展に出展

HOME » 学校案内 » 広報誌 » 文教ニュース・文教速報 » 平成23年度 » 北九州高専 西日本総合機械展に出展

文教ニュース・文教速報

北九州高専 西日本総合機械展に出展

 

 6月23日から25日にわたり開催された「第51回西日本総合機械展」に北九州高専の機械工学科と制御情報工学科、教育研究支援室の生産加工技術グループが出展した。展示会場には同校の教育環境の一部である装置や学生が実習で製作した木工作品、工芸作品も展示した。

 同時開催の「ロボット産業マッチングフェア北九州」には、制御情報工学科の久池井研究室が、術後の手術器具の確認を行う形状認識の技術を披露した。機械工学科の滝本研究室は、フォーローターヘリコプターを使って、ロボット制御技術を紹介した。来場者たちは、説明に耳を傾け、四つのプロペラがついたヘリコプターが浮遊する様子をカメラにおさめようと、制御装置を繰る学生に協力を依頼し、シャッターチャンスを狙っていた。

 また、同校制御情報工学科の山内研究室が早稲田大学大学院と共同開発中の本の読み聞かせロボットNew「二宮くん」のページをめくる機能を追加された二代目が披露された。楽譜に合わせて歌を歌い、両手を使ってページをめくる二宮くんに見学者たちは声援を送り、動きのメカニズムについて興味深く説明に聞き入っていた。

フォーローターヘリコプターを飛ばす滝本研究室