北九州高専 JICAエッセイコンテストで「学校賞」を受賞

HOME » 学校案内 » 広報誌 » 文教ニュース・文教速報 » 平成23年度 » 北九州高専 JICAエッセイコンテストで「学校賞」を受賞

文教ニュース・文教速報

北九州高専 JICAエッセイコンテストで「学校賞」を受賞

 北九州高専では、学生たちが、「どのような交際貢献を自分達ができるのか」についてのエッセイを、毎年JICAのエッセイコンテストに応募し、このたび、「学校賞」を受賞した。

 これは、三年生に対して開講している「歴史」の授業で、開発教育・国際理解教育が行われ、その授業の一環として学生たちに、「自分達が出来る国際貢献」「どのように、国際貢献とかかわるのか」などのテーマを与え、意見や提案をまとめ、JICAのエッセイコンテストに送っているもの。

 「受賞は、あくまでもきっかけにすぎず、このことから学生たちが国際社会の現状を少しでも身近なものとして捉え、将来そのことを踏まえて行動できるエンジニアとして育っていってほしい」と歴史の授業を担当し、自らもJICAの活動に貢献している同校総合科学科文系の荒川裕紀講師は、学生への期待をこめて語った。