高専ロボコン2011九州沖縄地区大会ー北九州高専- 鹿児島高専Aチームが優勝

HOME » 学校案内 » 広報誌 » 文教ニュース・文教速報 » 平成23年度 » 高専ロボコン2011九州沖縄地区大会ー北九州高専- 鹿児島高専Aチームが優勝

文教ニュース・文教速報

高専ロボコン2011九州沖縄地区大会ー北九州高専- 鹿児島高専Aチームが優勝

 10月9日、アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2011九州沖縄地区大会が、北九州高専主管のもと北九州市八幡西区の九州共立大学福原記念館で開催され、九州沖縄地区の9高専20チームが参加し白熱した戦いを繰り広げた。

 今年度の競技課題は「ロボ・ボウル」。学生からアメフトボールをパスされた二足歩行の攻撃ロボットが、相手側の守備ロボットを交わしながら、チームメイトの学生にノーバウンドでタッチダウンパスを送り出す、ロボットと人間が供に戦う新しいゲーム。

 高い煙突状の発射機構や、一度に2つのボールを投げ出す発射機構を搭載した攻撃ロボットや、攻撃のボールを止める動きが美しい守備ロボット、ジャンプする守備ロボットなど、様々な工夫をこらしたロボットを披露し会場を沸かせた。

 熱戦の結果、鹿児島高専のA・Bが決勝戦に進み、2箇所の発射機構から同時に放たれるボールで、タッチダウンパスを成功させた鹿児島高専Aチーム「X^2"(ツヴァイ)」が優勝した。

 地元北九州高専から出場した2チームは供に準決勝で鹿児島高専の2チームに惜敗したが、その戦いぶりが評価されアイデア賞、デザイン賞をそれぞれ受賞した。

 本大会で全国大会出場権を勝ち取った4チーム(鹿児島高専Aチーム、北九州高専Bチーム、沖縄高専Bチーム、有明高専Bチーム)は、10月20日国技館で開催される全国大会で全国優勝を目指す。

 熱戦の結果は次のとおり。

優勝        鹿児島高専A    X^2"(ツヴァイ)

準優勝       鹿児島高専B    ロケットrun茶(ロケットランチャー)

アイデア賞     北九州高専B    ViGo(ヴィーゴ)

技術賞       有明高専B     おおむたん(オオムタン)

デザイン賞    北九州高専A    ようかい鬼機一発(ヨウカイキキイッパツ)

ロボ・ボウル賞  沖縄高専B     Hornet(ホーネット)

特別賞       佐世保高専A    とっとっと(トットット)

           都城高専B     飛魔(トウマ)

           北九州高専A    ようかい鬼機一発(ヨウカイキキイッパツ)

           沖縄高専A     Establish(エスタブリッシュ)

開会式であいさつをする塚本校長
守備ロボットを動かす北九州高専Bチーム(ViGo):手前