北九州高専 夏のオープンキャンパス「いちにち高専生」で保護者に学校説明会を開催

HOME » 学校案内 » 広報誌 » 文教ニュース・文教速報 » 平成24年度 » 北九州高専 夏のオープンキャンパス「いちにち高専生」で保護者に学校説明会を開催

文教ニュース・文教速報

北九州高専 夏のオープンキャンパス「いちにち高専生」で保護者に学校説明会を開催

 北九州高専は、8月25日に夏のオープンキャンパスを開催した。オープンキャンパスには、中学3年生をはじめ539名が来校し、同時に開催された学校説明会には120名の保護者が参加した。
 説明会に先立ち、スクリーンに映し出された高専機構製作の中学生向けの宣伝DVDと同校の学生と教職員が手作りしたDVD「北九州高専」の映像を、保護者らは食い入るように眺めていた。
 説明会は、内田武副校長が、パワーポイントを使い、高専制度、学校行事、授業料などの経費、就職・進学先などについて説明した後、保護者からの質問を受けた。
 内容は、「寮生活の心構え」「寮での安全対策」「転科について」「推薦の面接の口頭試問の難易度」「国語、社会(歴史・地理)の授業の有無」「留年の割合と学校としての講じている留年対策の内容」「高専の受験に失敗した後、公立高校を受験の可能性」などと保護者ならではの質問が多かった。また、説明会終了後にも、内田副校長に質問しようと長蛇の列が並び、いずれの保護者も不安や懸念を払拭し、会場を後にした。

夏のオープンキャンパス「いちにち高専生」で保護者に説明する内田教務主事