北九州高専 将棋愛好会が全国高専将棋大会で団体3位

HOME » 学校案内 » 広報誌 » 文教ニュース・文教速報 » 平成24年度 » 北九州高専 将棋愛好会が全国高専将棋大会で団体3位

文教ニュース・文教速報

北九州高専 将棋愛好会が全国高専将棋大会で団体3位

 北九州高専将棋愛好会は、この夏函館で開催された第19回全国高専将棋大会で、団体戦3位に。この大会は、高校竜王(高校生日本一)に輝いたことのある学生でさえ、5年間で1回しか優勝できなかったほどレベルの高い大会である。
 団体戦は3名(大将、副将、先鋒)一組、横並び同時開始で行われ、持ち時間は各自25分。詰むか時間が切れるかで勝敗が決まる。今大会に出場した32チーム中、上位10チームの実力の差はほとんど無く、昨年の上位4チームがいずれも予選で敗退するという大混戦のうちに試合が進んだ。
 北九州高専の準決勝の相手は、優勝した津山高専。先鋒と副将は早めに終了して1勝1敗。熱戦の大将戦を見守った顧問の徳一教授が、「通過した!」と思った矢先、時間切れで惜しくも敗退したが、審判長から高い評価を得た。
 個人戦には128名がエントリーし、同校の参加者五名全員が予選リーグを通過。しかし、大会1日目は、午前8時30分から始まり、半日をかけた対局が行われ、休憩時間は昼食・夕食とも40分しかない強行軍。その影響からか、2日目に駒を進めることができなかった。
 「3段以上が多数参加している大会で、紙一重の差を勝ち抜いた部員達に大いに拍手です」と顧問の徳一教授。


見事団体3位に輝いた北九州高専将棋愛好会