北九州高専 FD講演で産学官連携に向けた講演会を開催

HOME » 学校案内 » 広報誌 » 文教ニュース・文教速報 » 平成24年度 » 北九州高専 FD講演で産学官連携に向けた講演会を開催

文教ニュース・文教速報

北九州高専 FD講演で産学官連携に向けた講演会を開催

 北九州高専は、12月4日九州沖縄地区産学官連携コーディネーターの上甲勲氏と熊本高専の三島淳一郎氏を講師に招き、「産学官地域連携に向けた高専の取り組み」についての講演会を開催した。 
 まず、三島氏がコーディネーター制度と役割などを説明し、次に、民間企業での経験がある上甲氏が、有明高専の教授として実践した産学連携の例を紹介した。
 企業からの技術相談を受けると、その地域に根ざした研究や独創性のある発明・研究ができること、高専間同士の連携を強めることで幅広い情報の収集ができ、かつ深い研究ができることが高専のメリット、また、高専の規模では、細かい手続きを要する企業との交渉を弁理士会などの外部に依頼することも肝要となり、それらの仲介役をすることがコーディネーターの役割だと、三島氏。また、今後は「発明相談会」を企画し、顔見知りになった後、特許申請や学生への知財講義の支援もしたいと希望を述べた。
 企業で実践した技術を持った上甲氏は、有明高専在任中に学生への研究指導と地域産業の要望を結びつけ、本科生や専攻科生のインターンシップや就職につながった実例を詳しく紹介した。また、新規研究テーマの策定には、市場動向・競合技術・関連特許などにも目を配る必要があり、人脈を活かした企業訪問のためにも、コーディネーターを各高専に配備してほしいと希望を述べた。
 最後に、両氏は今年度中に同校で高専間ネットワークが必要となる事例を挙げてほしいとの課題を残し、講演会を終了した。

産学官連携に関する講演をする上甲氏