北九州高専 専攻科1年生、本科4年生を対象に合同企業説明会を開催

HOME » 学校案内 » 広報誌 » 文教ニュース・文教速報 » 平成24年度 » 北九州高専 専攻科1年生、本科4年生を対象に合同企業説明会を開催

文教ニュース・文教速報

北九州高専 専攻科1年生、本科4年生を対象に合同企業説明会を開催

 北九州高専は、1月26日、専攻科1年生38名並びに本科4年生204名を対象に、合同企業説明会を開催した。同校が呼びかけ、参加した企業は、昨年より3社多い28社。また、今年度新たに参加した企業は14社。
 今年で3回目を迎えた合同企業説明会は、午前の部と午後の部に分かれ、午前中は、1つの部屋に集まった学生達に、各企業が三分間でアピールし、午後からは、各教室に設置されたブースで、30分単位の会社の説明を5回行った。
 ブースで詳しい説明を受けた学生達は、熱心にメモを取り、企業での高専生の活躍履歴や、高専生に与えられる仕事内容、待遇、就職後の住居、企業の業績、企業が力を入れている部門や、企業の方向性について次々と質問を繰り出した。「支社が海外にあり、技術応援として海外に行っていただくことがある」と耳にした学生は、「英語の必要性、TOEICの点数、その点数が昇給、昇格につながるのか」と質問し、「英語力よりは、協調性、人間性が大切」との回答を聞いて、少しほっとしたような表情を浮かべる姿が見られた。女子学生は、女性の活躍の場や企業内での労働力としての認知度、産休・育児休暇の制度についても質問をした。

企業担当者の説明を熱心に聞く北九州高専の学生ら