教育目標

HOME » 学校案内 » 教育活動 » シラバス・チェックリスト・月割表 » 教育目標

本校の教育目標

準学士課程および専攻科課程の教育目標と学修プログラム

はじめに

 本校は、深く 専門の学芸を教授し、職業に必要な能力を育成するために、「明るい未来を創造する開拓型エンジニアの育成」を教育方針の柱として、全人的早期理工系教育を 行うことで学生のエンジニアとしての資質を伸ばし、実験・実習を重視したカリキュラムを通じて社会・産業界に貢献できる実践的かつ開拓型のエンジニアの育 成を使命としています。この使命を達成するため、以下の3つの教育目的を掲げ、“幅広い工学の基礎知識を持ち、十分な自己学習能力を保持し、技術と環境の 調和を図り、様々な課題に対応しうる実践的で創造性に富んだエンジニア”を育成する教育を実施しています。

(1)幅広い工学基礎と創造的技術開発力の修得

(2)国際社会で尊敬され、信頼できる国際センスの修得

(3)地球にやさしい技術を開発できる心豊かな人間性の涵養

これらを実現するために、表1に 示すように、中学卒業生を受け入れる準学士課程では、それぞれの専門とその関連領域に関わる技術面での教育に加えて、技術者が社会で働く上で必要となる一 般常識、マナー等の徳育面の教育および心身の健康を涵養することを目的として7項目、また、準学士課程で取得した専門分野の技術知識を深め、さらに、その 専門性を核として他分野の工学知識も身に付け、技術と社会・環境および技術者倫理を含めた広い視野から問題をとらえ、解決することができる素養(「デザイ ン」能力)を涵養する工学教育を行う専攻科課程では6項目の具体的な教育目標を定めて、教育を行っています。

準学士課程および専攻科課程の教育目標

(1)準学士課程の教育目標

(A)技術内容を理解できる基礎学力(数学、自然科学、情報)と自己学習能力を持つ技術者

 ①数学・物理・化学などの自然科学、情報技術に関する基礎を理解できる。

 ②自主的・継続的な学習を通じて、基礎科目に関する問題を解くことができる。

(B)専門分野における基礎知識を身に付けた技術者

 ①専門分野における工学の基礎を理解できる。

 ②自主的・継続的な学習を通じて、専門工学の基礎科目に関する問題を解くことができる。

(C)専門工学基礎知識の上に実践的技術を学んだ技術者

 ①実験や実習を通じて、問題解決の実践的な経験を積む。

 ②機器類(装置・計測器・コンピュータなど)を用いて、データを収集し、処理できる。

 ③実験結果から適切な図や表を作り、専門工学基礎知識をもとにその内容を考察することができる。

 ④実験や実習について、方法・結果・考察をまとめ、報告できる。

(D)身に付けた工学知識・技術をもとにして問題を解決する能力を有する技術者

 ①専門工学の基礎に関する知識と基礎技術を統合し、活用できる。

 ②工学知識や技術を用いて、課題解決のための調査や実験を計画し、遂行できる。

 ③工学知識や技術を用いて、課題解決のための結果の整理・分析・考察・報告ができる。

(E)多様な文化を理解するための教養を持ち、日本語および外国語によるコミュニケーションの基礎能力を有する技術者

 ①歴史・文化・国語・外国語を学び、コミュニケーションするための基礎的な教養を身に付ける。

 ②日本語で論理的に記述し、報告・討論できる。

 ③英語によるコミュニケーションの基礎能力(読解・記述・会話)を身に付ける。

(F)歴史・文化・社会に関する教養を持ち、技術の社会・環境との関わりを考えることのできる技術者

 ①歴史・文化・社会に関する基礎的な知識を身に付ける。

 ②工業技術と社会・環境との関わりを考えることができる。

 ③技術者としての役割と責任を認識できる。

(G)社会の一員としての自覚、倫理観を持ち、心豊かな人間性を有する技術者

 ①健やかな心身を持ち、社会性、協調性を身に付ける。

 ②社会人として、技術者として必要な素養、一般常識や礼儀,マナーについて考えることができる。

(2)専攻科課程の教育目標

(A)技術内容の高度化に対応できる基礎学力(数学、自然科学、情報)と自己学習能力を持つ技術者

 ①数学・物理・化学などの自然科学、情報技術に関する共通基礎を理解できる。

 ②自主的・継続的な学習を通じて、共通基礎科目に関する問題を解決できる。

(B)専攻分野の「生産」に関わる専門知識を身に付けた技術者

 ①共通基礎知識を用いて、専攻分野における設計・製作・評価・改良など生産に関わる専門工学の基礎を理解できる。

 ②自主的・継続的な学習を通じて、専門工学の基礎科目に関する問題を解決できる。

(C)専門工学知識の上に「生産」に関わる実践的技術を身に付けた技術者

 ①専門工学の実践に必要な知識を深め、実験や実習を通じて、問題解決の経験を積む。

 ②機器類(装置・計測器・コンピュータなど)を用いて、データを収集し、処理できる。

 ③実験結果から適切な図や表を作り、専門工学知識をもとに分析し、結論を導き出せる。

 ④実験や実習について、方法・結果・考察を的確にまとめ、報告できる。

(D)幅広い視野から問題を捉え、複数分野の工学知識・技術を有機的に結び付け、総合的に問題を解決する能力を有する技術者

 ①専攻分野における専門工学の基礎に関する知識と基礎技術を総合し、応用できる、

 ②専攻分野の専門性に加え、他分野の知識も学習し、幅広い視野から問題点を把握できる。

 ③要求された課題に対して幅広い視野で問題点を把握し、その解決方法を提案できる。

 ④工学知識や技術を統合し、課題解決のための調査や実験を自発的に計画し、遂行できる。

 ⑤工学知識や技術を統合し、課題解決のための結果の整理・分析・考察・報告ができる。

(E)多様な文化を理解する能カを持ち、日本語および外国語によるコミュニケーション能力を有する技術者

 ①歴史・文化・日本文学(国語)・外国語を学び、多様な文化を理解できる。

 ②実験・実習・調査・研究内容について、日本語で論理的に記述し、報告・討論できる。

 ③専攻分野の技術英文を含め、英文を読解し、日本語での内容説明ができる。

 ④調査・研究の目的と内容を理解した上で、その概要を英語で記述できる。

 ⑤英語による基本的な会話ができる。

(F)歴史・文化・社会に関する教養と頑健な心身を持ち、技術の社会・環境との関わりを考えることのできる技術者

 ①歴史・文化・社会に関する知識を持ち、それらを示すことができる。

 ②工業技術と社会・環境との関わりを理解し、社会・環境への効果と影響を説明できる。

 ③技術者としての役割と責任(倫理観)を認識し、説明できる。

(G)多様性のあるチームの中で、成果を上げるために行動できる技術者

 ①メンバーとして、自己のなすべき行動を判断し実行できる。

 ②リーダーとして、他者の取るべき行動を判断し、適切に行動させるように働きかけることができる。

学修プログラム

教育目的や教育目標は、技術の発展や社会情勢の変化に対応して見直しが行われ、その見直しに則して、カリキュラムや指導内容の変更が各学科単位に行われてきました。表2に 示す学修プログラムは、学校全体としての共通の認識を示し,各学科における教育内容を具体化する場合の指針を示したものです。[学修]とした意味は、強制 して学ばせられるのではなく、学生が自ら学び修めることを意図しており、それに合致した教育内容を学校として提供する必要があると考えているためです。学 修プログラムにあっては、一般基礎教育、専門教育、学生生活、寮生活など各指導分野での実現可能で詳細なカリキュラムを作成し、バランスのとれた技術者育 成のプログラムを示しています。

本 学修プログラムの構成は、本科と専攻科のアドミッションポリシーで求める人物像を示し、工学技術教育に関する目標と社会性・人間性教育に関する目標を示 し、どのような内容をどの学年で修得して欲しいかの指針を示しています。各指針はその学年から始めることを意味しており、必ずしもその学年内に修得するこ とを意味するものではありません。特に、社会性や人間性育成に関しては、何年にもわたって修得すべきものであり、年齢にしたがいその程度や内容も変化する ことを想定しています。但し、社会性・人間性の目標に関しては、人間的な発達過程を考慮し、低学年(1~3年)と大学生に相当する学年(4~5年)及び専 攻科に分けています。