3つの方針(DP,CP,AP)

HOME » 学校案内 » 3つの方針(DP,CP,AP)

本科のディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

幅広い工学基礎、創造的技術開発力、及び技術者としての倫理観を身に付けるとともに、地球環境に配慮し、持続可能社会の構築に貢献できる技術者を育成する。このために、以下の学修成果を達成すべく編成・実施された教育課程を学修し、所定の単位を修得した者に対して卒業を認定する。

学修成果
①(機械創造システムコース)
  数学、物理に関する知識、機械工学に関する知識・技術を理解し、問題解決に応用できる。
 (知能ロボットシステムコース)
  数学、物理に関する知識、機械工学、情報工学、制御工学に関する知識・技術を理解し、問題解決に応用できる。
 (電気電子コース)
  数学、物理に関する知識、電気電子工学に関する知識・技術を理解し、問題解決に応用できる。
 (情報システムコース)
  数学、物理に関する知識、電気電子工学、情報工学、システム制御工学に関する知識・技術を理解し、コンピュータを
  駆使して問題解決に応用できる。
 (物質化学コース)
  数学、物理、化学、生物に関する基礎知識、物質化学工学に関する専門知識・技術を理解し、問題解決に応用できる。

②技術者に必要な倫理観と幅広い視野を身に付け、環境に配慮した持続可能社会の構築に貢献する意志を持つ。

③多様な文化を理解するための教養を持ち、日本語および外国語によるコミュニケーションの基礎能力を身に付ける。

本科のカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

ディプロマ・ポリシーに掲げた能力・態度を育成するために、本校の教育理念、教育目的を踏まえ、学習・教育到達目標に対応する以下の教育課程を編成している。また、授業科目毎に定めたシラバスに従って、学修成果の評価を行い、所定の単位を与える。

①専門工学に関する知識・技術を体系的に理解できるように、2年生までに工学の基本となる自然科学と工学の基礎を学び、3年生から専門工学科目群(*)を学ぶ。科目には講義、実験、実習があり、これらを組み合わせることで知識・技術の定着と問題解決能力の育成を図る。総まとめとして、5年生で卒業研究に取組む。
*専門コースの科目群は以下の通りである。

(機械創造システムコース)
数学、物理、工業力学、材料力学、熱力学、水力学の機械基礎科目と、機械工作法、製図、設計工学の設計生産科目、さらに4、5年生には、これら機械系技術に加え、メカトロニクスや制御工学の知識をも活用する創造デザイン演習などの科目を系統的に配置している。
(知能ロボットシステムコース)
数学、物理、機械工学、情報処理、制御理論を基礎に、機械制御システムであるロボットの設計製作を対象として、インターフェース技術、組込み技術、設計技術を活用するための科目を系統的に配置している。
(電気電子コース)
数学、物理、電気回路、電子回路、電気磁気学、制御工学、情報処理を基礎として、電力と情報分野の科目とエレクトロニクスに関する科目、問題解決型の実習・実験科目を系統的に配置している。
(情報システムコース)
数学、物理、電気回路、電子回路、情報処理、制御理論を基礎として、システム制御を対象とする科目とICT(情報通信技術)を活用するための科目を系統的に配置している。
(物質化学コース)
無機化学、分析化学、有機化学、高分子化学、生物化学、物理化学、化学工学等の共通必修科目の上に、4年生から、応用化学系では物質工学や応用化学工学等に関連する必修科目、応用生物系では応用生物工学及び食品工学等に関連する必修科目を系統的に配置している。

②技術者に必要な倫理観と幅広い視野を身に付け、環境に配慮した持続可能社会の構築に貢献する意思を養うため、5年間を通して一般教養科目と専門科目を学び、企業等で実習を行う。これらで学んだ知識と経験を活かし、卒業研究で社会の発展に寄与するテーマに取組む。

③多様な文化を理解し、多様な人々とコミュニケーションを図れるように、一般教養科目、英語、第2外国語を設定している。

本科のアドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

「北九州高専が求める学生像」

①数学、理科の分野に興味がある者
②工学の分野に興味がある者
③実験・実習に自ら進んで取り組むことができる者
④将来、国際センスと人間性を備え、社会を支える技術者として活躍する意思を持つ者

「入学者選抜の基本方針」
本校の教育理念及び学習・教育目標を達成するために、適性と総合的な基礎学力を十分に持つ者を合格とします。

学業成績推薦による選抜の場合
推薦書、調査書、作文及び面接により選抜します。

課外活動等推薦による選抜の場合
推薦書、調査書、作文、課外活動等の実績及び面接により選抜します。

学力検査による選抜の場合
調査書及び学力検査により選抜します。

帰国子女特別選抜による場合
調査書、学力検査及び面接により選抜します。

専攻科のディプロマ・ポリシー(修了認定・学位授与の方針)

複数分野の工学知識・技術を有機的に結びつけ、総合的に問題を解決できるとともに、技術者としての倫理観、地球的視点を持ち、地域と世界の発展に貢献する意志を持つ技術者を育成する。このために、以下の学修成果を達成すべく編成・実施された教育課程を学修し、所定の単位を修得した者に対して専攻科修了を認定する。

学修成果
①幅広い視野から問題を捉え、複数分野(*)の工学知識・技術を有機的に結びつけ、総合的に問題を解決する素養(デザイン能力)を身に付ける。

②技術者倫理や一般教養を身に付けることで視野を広げ、技術者として、地域・世界に貢献する意志を持つ。

③多様な文化を理解するための教養を持ち、日本語および外国語によるコミュニケーション能力を身に付け、多様な人々と協働できる。

*機械工学、電気電子工学、情報工学、応用化学、生物工学

専攻科のカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

ディプロマ・ポリシーに掲げた能力・態度を育成するために、本校の教育理念、教育目的を踏まえ、学習・教育到達目標に対応する以下の教育課程を編成している。また、授業科目毎に定めたシラバスに従って、学修成果の評価を行い、所定の単位を与える。

①幅広い視野から問題を捉え、複数分野の工学知識・技術を有機的に結びつけるために、専門基礎科目に数物系科目を配置し、生産プロセスの流れに対応した3つの重点領域専門科目群(A:環境・資源・材料系、B:エネルギー応用・創生系、C:機能・情報デザイン系)と共通選択科目を設定している。各重点領域専門科目群は、機械工学、電気電子工学、情報工学、応用化学、生物工学の専門科目から成り、1つの重点領域を中心に学び、さらに生産デザイン工学特別研究などに取組むことで、複数分野の工学知識・技術を有機的に結びつけ、幅広い視野を持つことができる。

②総合的に問題を解決する素養(デザイン能力)を身に付けるための専門必修科目として、生産デザイン工学演習、創造工学実験、生産デザイン工学特別研究を設定している。さらに、実践的課題解決の経験を積むために、1年生後期には長期の特別実習の機会がある。

③技術者倫理、知的財産などの専門基礎必修科目、さらに、北九州産業史や国際社会学演習などの一般教養科目を学ぶことで、技術者としての視野を広げ、地域・世界に貢献する意志を育成する。

④多様な文化を理解し、コミュニケーション能力を身に付け、多様な人々と協働できるように、一般教養科目、英語科目、特別実習、生産デザイン工学演習、創造工学実験などを設定している。

専攻科のアドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

「北九州高専が求める学生像」

①高等専門学校準学士課程等における基礎的な専門知識の確立を図り、さらにその専門知識を深めようとする意欲がある者
②様々な分野の工学知識を学び、広い視野からの問題解決能力を身につけようとする向学心を持つ者

「入学者選抜の基本方針」
調査書と学力検査により、本校の教育理念及び学習・教育目標を達成するための適性と高等専門学校準学士課程等における基礎学力を十分に持つ者を合格とする

高等専門学校長の推薦による選抜の場合
出身学校長が作成した推薦書及び調査書により、適性と基礎学力がともに優れた者を合格とする。

企業等の推薦による社会人選抜の場合
所属する企業等の長から提出された推薦書及び出身学校長が作成した調査書により、適性と基礎学力がともに優れた者を合格とする。

学力による選抜の場合
調査書と学力検査により、適性と基礎学力がともに優れた者を合格とする。