生産デザイン工学科

HOME » 学科案内 » 生産デザイン工学科

いちにち高専生

生産デザイン工学科では、第1学年と第2学年の2年間は一般科目と専門基礎科目について全学生が共通に学習する期間に設定し、第3学年からは機械創造システムコース・知能ロボットシステムコース・電気電子コース・情報システムコース・物質化学コースの5つの専門コースで編成しています。これにより、低学年での一般教育・専門教育の基本となる基礎学理の徹底した教育と専門コース教育への興味・関心の涵養、高学年での高度専門教育と専門分野横断教育(融合教育)の実現、専攻科教育へのスムーズな連結性確保などを図っています。

なお、「生産」とは『工業におけるハード・ソフト・材料・生産プロセスなどの設計、製作、評価、改良などの活動』、「デザイン」とは『他分野の工学知識も身に付け広い視野から問題をとらえ解決することができる素養』(本校JABEE 対応「生産デザイン工学」教育プログラムの定義より)と位置付けています。

養成する人物像
  1. 工学に関する基礎学力と自学自習能力を身に付けた技術者
  2. 専門工学領域に関する高度な知識と技術を身に付けた技術者
  3. 社会の発展のために貢献できる地域マインドを有した技術者
  4. 多様な価値観を理解する豊かな教養と見識を持ち、柔軟な思考と洞察のできる技術者
  5. グローバルな現場で協調性豊かにリーダーシップを発揮できる技術者
一般科目の教育

一般科目では、知識基盤社会やボーダレス社会への移行が進む現代において「自主自立した有能な社会人として、心豊かな人生を送ることができる人間を育む」ことを教育目的としています。併せて、専門科目の基礎を習得させ、以下のような人物を養成することを教育目標に掲げています。

  1. 総合的な教養・見識を身につけ、多面的な思考と正しい判断のできる人物
  2. 真理を追究し、国際的視野に立って時代の要請を洞察できる人物
  3. 自己を確立し、且つ多様な社会・文化・自然を尊重して、これらとの共生を目指すことのできる人物
  4. 論理的思考・言語表現などの基礎的能力を養成し、自ら問題を発見し解決できる人物
  5. ゆるぎない信念を持ち、生涯にわたり健やかな心身を自ら育むことのできる人物

上記のような人物を養成するために、一般科目の教育課程は、高等学校課程に準拠した学習内容を持つと同時に、専門科目での高度な教授内容に堪えうる基礎的学力の修得を目指して構成されています。特に、各専門科目へのスムーズな発展的学習を可能にするために、全ての学生が同一内容の共通科目を受講することになっています。

また、専門科目につながる科目以外にも、総合的教養・見識の養成を目的とした、音楽・保健・生涯スポーツなどを必修科目として、グローバル化した国際社会と多様化した文化に対応するために、第二外国語・社会選択・一般総合選択などを選択科目として配置しています。

機械創造システムコース

機械創造システムコースでは、高度な生産システム(電気、情報、制御)に対応し、新たな技術を創造するための基礎学力(数学、自然科学、情報)と自己学習能力を持つ技術者の育成を目指しています。最近、自動車や家電などのものづくり産業において、その急速な技術の進歩は製造機械のみに留まらず、情報・制御機器にまで及び従来のものづくりの形態が大きく変わり、より多様化しています。設計に必要なイメージの具現化から加工・計測に至るまでをコンピュータで行うCAE(CAD,CAM)の技術も要求されています。そのため、機械工学をベースとした基礎知識の習得と制御、情報、化学分野にも幅広く対応出来る技術者の養成を行います。

養成する人物像

機械工学をベースに、実践的な機械技術、幅広い工学分野に関する知識・技術を身に付け、様々な技術が融合した高度な生産システムに対応できる技術者とする。

卒業後

設計、生産にとどまらず、機器の運転・管理に関する技術を必要とする家電・医療から自動車・航空宇宙産業など、様々な分野で活躍できる技術者となります。

受験・取得できる資格

「機械設計技術者試験3級」、「3次元CAD利用技術者試験2級、準1級およ び1級」等を受験できます。 また、所定の単位を習得し、卒業後に企業等で実務経験を積むことで取得可能な 「ボイラー,タービン 主任技術者(第1種、第2種)」(申請のみ)などがあります。

知能ロボットシステムコース

知能ロボットシステムコースでは、機械に知能を与えることができる、すなわちロボットを作ることができる技術者の育成を目的に、機械工学を柱に、ロボット設計技術、組込み技術、センシング技術、インターフェース技術、知能化情報技術、システム制御技術、それらを繋ぐシステム統合化技術を論理的かつ実践的に修得できる教育課程を設置しています。人間が知能や感覚によって行ってきた複雑な作業を機械に行わせるためには、機械自身が、周囲の情報(環境や状態)を正確に把握し、その情報に基づいて論理的に思考し、その思考によって動作しなければなりません。さらに、このようなロボットを実現する技術は、身の回りの多くの製品に用いられるようになり、ロボットによる多様なサービスが創出される未来社会では、社会的課題の解決にも直結する技術です。したがって、ユーザーの視点や社会実装における課題に対して、ロボット技術を駆使して自ら解決策を提案・デザインできる優れた人材を育成します。

養成する人物像

社会における要求や課題に対して、ロボット技術を駆使して自ら解決策を提案、デザインできる(機械系ロボット)技術者とする。

卒業後

知能化技術を必要とする自動車、航空宇宙、ロボット、医療、家電など、様々な分野で活躍できる技術者となります。

受験・取得できる資格

「情報処理技術者試験」、「3次元CAD利用技術者試験」、「機械設計技術者試験」、「組込みソフトウェア技術者試験」などがあります。

電気電子コース

電気電子コースでは、自ら学び続けることで、急速な技術の変化に対応でき、あらゆる分野・場所で活躍できる電気電子技術者の育成を目指します。3年生以上では、2年生までに学んだ工学基礎を土台として、電気電子工学(電気、電子、情報、機器)の専門的な知識・技術を学びます。卒業生が電気主任技術者として認定されるのに必要な科目・実験を十分実施しながらも、これからの地域・産業界のニーズに応えるため、エネルギーインフラ、ロボット・自動車産業にとって重要なパワーエレクトロニクス教育に重点を置いています。また、次世代自動車産業に貢献する人材育成のため、全コース対象のカーエレクトロニクス科目を新設します。自主性、独創性、課題解決能力を身に付けた電気電子技術者育成のために、プロジェクト実習、PBLを行う電気電子製図、電子回路製作実習を設定しました。5年生の卒業研究は、全コース共通にすることで、電気電子工学の知識・技術を他の工学分野の課題解決に活用するとともに、多様性のあるチームでの共同作業について学べるようにしています。

養成する人物像

電気電子技術を活用し、幅広い工学分野の問題解決に貢献できる電気電子技術者とする。

卒業後

知能化技術を必要とする自動車、航空宇宙、ロボット、医療、家電など、様々な分野で活躍できる技術者となります。

受験・取得できる資格

所定の単位を取得し卒業後に企業等で実務経験を積むことで、国家資格・第2種または第3種電気主任技術者(実務経験の内容と経験年数によって異なる)の取得が可能です。また、国家資格・第2種電気工事士の受験において筆記試験が免除されます。

情報システムコース

情報システムコースでは、情報産業および情報技術を必要とする製造業において、高度情報化社会の技術変化に柔軟に対応できる理解力と創造力を持った実践的な技術者の育成を目指しています。コンピュータ応用分野において、コンピュータシステム、ネットワークシステム、情報通信システム、計測・制御システムなどICT(情報通信技術)を活用したシステムの計画、解析、設計、開発、構築、運用などを行うには、システムのソフトウェアとハードウェアの両方の技術を理解したうえで対応することが必要となります。そのため、本コースでは、これらのシステムにおけるソフトウェアとハードウェアの知識と技術が体系的に身につくように教育課程を構成しています。低学年では、電気電子工学、情報工学分野の専門基礎科目を学び、これらを土台として高学年では、情報工学分野とシステム制御工学分野のハードウェアとソフトウェアに関連する専門科目を体系的に学習します。また講義内容の理解を深め、実践的な応用力を育成するために、各学年で演習や実験実習を行います。

養成する人物像

ICT(情報通信技術)を活用したシステムに関連するハードウェアとソフトウェアの知識と技術を身に付け、様々なコンピュータ応用分野で活躍できる技術者とする。

卒業後

コンピュータシステム、ネットワークシステム、制御システムなど、様々なコンピュータ応用分野で活躍できる技術者となります。

受験・取得できる資格

国家資格である「基本情報技術者試験」などがあります。

物質化学コース

物質化学コースでは、物質化学が関わる環境保全、クリーンエネルギー、高機能性素材、食品、医薬品、資源有効活用など多様な産業分野に対応するために、多様化・複雑化した問題に対処し得る工学知識や実践的技術を修得した実践的な技術者の育成を目指しています。応用化学系では、無機・有機ナノ材料の合成や物性評価、化学工学を学び、新素材開発や低炭素化技術への応用を修得します。具体的には、応用化学の専門知識を新しい物質・材料の開発に適用する方法が考えられる技術者、応用化学の専門知識を利用し、物質・材料の性質を的確に評価する方法が考えられる技術者の養成を行います。応用生物系では、生物(細胞や微生物を利用した)生産を学び、その検査への展開を修得します。具体的には、応用生物の基礎知識と技術を身に付けて、生物産業(食品、医薬品、環境技術)に貢献する能力を身に付けた技術者、応用生物に関するより専門的な技術を身に付けて、食品・医薬品・環境技術の生産や品質管理技術に関する専門的能力を身に付けた技術者の養成を行います。

養成する人物像

応用化学系:新素材技術及び環境資源に配慮した研究開発や生産技術に関する問題解決に貢献できる技術者とする。
応用生物系:生物資源・環境資源に配慮した化学技術の問題解決に貢献できる技術者とする。

卒業後

材料開発、品質管理、化学製品製造、化学プラント、バイオ、食品、医薬品製造、環境・エネルギーなど、多くの産業分野で活躍できる技術者となります。

受験・取得できる資格

「毒物劇物取扱責任者(資格取得(受験なし))」、「危険物取扱者(甲)(受験資格:卒業すれば得られる)」、「衛生工学衛生管理者(受験資格:卒業すれば得られる)」、「衛生管理者(1種、2種)(受験資格:実務経験1年以上)」および「作業環境測定士(受験資格:実務経験1年以上)」などがあります。