学んで作るロボット教室

HOME » 受験生の皆様へ » 公開講座 » 学んで作るロボット教室

平成28年8月6日(土)

 今回の講座は、昨年度、好評だった学科オリジナルの基板にハンダ付けで各素子を取り付けリモコンカーをライントレーサーロボットに改良を行いました。
 定員20名の枠に対して36名の応募がありましたが、キットの台数の関係で抽選により20名を選ばせて頂きました。
 本講座では、単にキットを製作するだけでなく、回路に使用されている電子部品の役割や働きを説明し、更に複雑なロボットが現在、どのようなところで用いられているか、またそれにどのように電気電子工学が関連しているかについても簡単に解説を行いました。
 参加者は慣れないハンダ付けやメカの組立に苦労していたもののどうにか完成し、走行試験を行いました。しかし、センサの地面からの距離や車体の重心などにより、上手くいかないロボットもありました。そこで、なぜ思ったように動かないか、考え、アドバイスを受けつつ調整することで、正常な動作をするロボットを完成することが出来ていました。