飛行機を作ってみんなで飛ばそう!

HOME » 受験生の皆様へ » 公開講座 » 飛行機を作ってみんなで飛ばそう!

「おもしろメカニカルワールド~子供と親のものづくり教室~ 飛行機を作ってみんなで飛ばそう!」 

 平成29年8月20日(日)

 本校の第1工場内の創作工房とグラウンドにおいて、子供と保護者で模型飛行機作りを体験する公開講座を開催しました。当日は、小学生とその保護者15組の受講がありました。
 講座をはじめるにあたり、家でも簡単にできる扇風機と折り紙飛行機を使った実験もまじえて、「飛行機が飛ぶ仕組み」についての解説を行い、その後、飛行機の製作に取りかかりました。機体の製作では、配布した組み立て解説書をもとに、機械工学科5年生の学生が講師役となり、数名の学生(専攻科生と本科生)が補助者として受講者にアドバイスをしながら進めていきました。受講者は、慣れない作業に悪戦苦闘しながらも機体作りに励んでいました。昼食休憩の時間には、本校で行っているKOSEN FabLabの取り組みについて紹介し、自作の小型ドローンの操縦実演などを見てもらいました。午後からは機体の最終組み立てを行い、完成した機体を持ってグラウンドに移動して、試験飛行と機体の調整を行った後、飛行時間を競うコンテストを行いました。予選のリーグ戦と各リーグ1位同士の決勝トーナメントを行った結果、小学6年生の受講生が優勝しました。
 補助者として参加した学生からは「今年は全体的に機体の出来栄えが良かった」との声も聞かれ、中には空高く舞い上がって滑空する機体もあり、歓声の沸く中、大変盛り上がりをみせました。
 受講した小学生からは「自分で作った飛行機を飛ばすことができて楽しかった」、「また参加してみたい」、保護者からは「夏休みの良い思い出になった」、「高専祭にも顔を出してみたい」との意見が寄せられました。今回の公開講座を通して、もの作りの楽しさを体感してもらえたこととあわせて、少しでも高専を知ってもらい興味を持ってもらう良い機会になったのではないかと思います。