本科五年生が国際学会に参加しました

HOME » 新着情報 » 平成23年度 » 本科五年生が国際学会に参加しました

本科五年生が国際学会に参加しました

7月20日、本校の電子制御工学科五年生の小野翔一君(左)と松本拓也君(右)の二人が、中国の湘潭で開催されたInternational Conference on Precision InstruMentation and Measurement 2011(CPIM2011)において、国際学会デビューを果しました。

小野君は「Development of Chewing Sensor」、松本君は「Development of Funnel-Shaped Sensor for Detection of Medicine」のタイトルで高齢者の薬の服用忘れ防止や間違った薬の服用を防止する方法について発表を行いました。

初の学会発表が国際学会となった二人は、ほとんどが中国人研究者である聴衆の前で、堂々と英語で発表していました。