特許出願の意義と外部資金の獲得に関する講演会を開催しました

HOME » 新着情報 » 平成23年度 » 特許出願の意義と外部資金の獲得に関する講演会を開催しました

特許出願の意義と外部資金の獲得に関する講演会を開催しました

 12月10日、九州工業大学産学連携センター知的財産部門長中村邦彦教授を講師に招き、「大学等職員が特許出願することの意義~研究段階における、テーマの出口思考への視点~」の演題で、特許獲得の意義についての講演会を開催しました。
 超円高によってますます日本産業が危険な状態になっている現状では、日本が世界で生き残るには、科学的技術創造立国、知的財産立国とならなければならないと強調された後、 特許の出願と学会発表のタイミング、論文と特許の関連、外部資金獲得のための特許活用法についても多くの例を示されました。

特許出願の意義に関する講演会の様子