専攻科生、研究成果を国際学会で発表

HOME » 新着情報 » 平成24年度 » 専攻科生、研究成果を国際学会で発表

専攻科生、研究成果を国際学会で発表

 10月18日、早稲田大学大学院と共同研究をしている本校制御情報工学科山内准教授の研究室に所属する専攻科生4人がInternational Workshop on Image & Signal Processing and Retrieval 2012のポスターセッション部門で研究発表をしました。
 発表した内容は、リアルタイムで書籍を読み上げ、楽譜を見て歌うロボットについて。この学会に参加した東南アジア諸国からの研究者達が彼らのポスターを食い入るように眺め、発表した専攻科生に矢継ぎ早に質問をしました。今回で3度目の国際学会となる制御工学専攻2年生の今本翔君、伯井達郎君、土生成美さんは1時間にわたり質問にてきぱきと答えました。初めての国際学会を経験した制御工学専攻1年生の河野文弥君は、発表後「日頃の英語の授業や会話の練習が大いに役に立った。実際に外国の方々とコミュニケーションがとれたのでとても嬉しい」と感想を語りました。

質問者に応対する制御工学専攻の学生