本科5年生が国際学会で発表

HOME » 新着情報 » 平成24年度 » 本科5年生が国際学会で発表

本科5年生が国際会議で発表

 本校の電子制御工学科5年の溝田直也君が国際会議「2012 IEEE/SICE International Symposium on System Integration」で、熱中症予防システムに関して発表しました。タイトルは、「Proposal of Alert System for Prevention of Heat Stroke」
 この会議は、システムインテグレーションに関する国際会議で、電気電子分野における世界最大の学会であるIEEEと日本の計測自動制御学会(SICE)の共催で行なわれました。
 同君が発表した内容は、センサを用いて周囲の温度や湿度等の環境状態を測定し、時間経過に伴った熱中症の危険度を推定して危険を通知するものです。又、スマートフォンを通して周囲の環境状態を知ることができ、涼しい場所を見つけて知らせることもできます。
 同君の発表内容に、大学の先生方や企業の方々が興味深く耳を傾けておられました。

国際学会で発表する5年電子制御工学科の溝田君