専攻科特論Ⅳ「次世代エネルギー関連先端技術特論」受講生を募集

HOME » 新着情報 » 平成25年度 » 専攻科特論Ⅳ「次世代エネルギー関連先端技術特論」受講生を募集

専攻科特論Ⅳ「次世代エネルギー関連先端技術特論」受講生を募集

 本年平成25年度後学期に、本校の専攻科生を対象に、産学官地域連携講座として専攻科特論Ⅳ「次世代エネルギー関連先端技術特論」の講義を開設します。本講義の受講者は本校の専攻科生だけでなく、低炭素化技術に関する事業や技術に関心を持つ人を幅広く受け入れ、環境エネルギー分野の最前線の技術を学ぶ機会を与えることも目的にしており、地域の産官学を中心に講師をお迎えして、再生可能エネルギーによる発電、蓄電、再生、 リサイクルなど次世代エネルギー関連先端技術の現状と将来展望について低炭素化技術の最新技術に関する共同教育を行います。将来的には、環境エネルギー関連分野で活躍する人材養成により北九州市の地域経済活性化を図るとともに、薄膜太陽電池・環境エネルギー関連の教育の拠点として地域に貢献することを目指します。

募集対象 

  ・ 低炭素化技術に関する技術教育を受けた経験のない人
  ・ より高度な専門教育を希望する人

募集人員  

    20名程度

募集期間  

    平成25年 9月3日(火)~  9月13日(金)

 ※ 本特論は、独立行政法人国立高等専門学校機構から平成23-25年度「企業技術者等活用プログラム」(プログラム名称:教育コーディネーター活用産学官連携共同教育、副題:「低炭素化技術関連の人材養成」の取り組み)に本校が採択され、産学官地域連携講座として平成23年度後学期に開講した専攻科特論Ⅳ「低炭素化技術特論」、平成24年度後学期に開講した専攻科特論Ⅳ「未来環境・エネルギー技術特論」に引き続き実施します。

<詳しい内容はこちらをクリックしてください。>
<専攻科生用募集ポスターはこちらをクリックしてください。>

 ※ 申し込みに必要な様式はこちらからダウンロードしてください。
    ・ 第1号様式    ・ 第2号様式    ・ 第3号様式