機械学会卒業研究発表講演会で2名が優秀講演賞を受賞しました

HOME » 新着情報 » 平成26年度 » 機械学会卒業研究発表講演会で2名が優秀講演賞を受賞しました

機械学会卒業研究発表講演会で5年生2名が優秀講演賞を受賞しました

  日本機械学会九州学生会主催の第45回卒業研究発表講演会が3月4日に九州大学伊都キャンパスで開催されました。11部門に224名の大学生、高専本科生・専攻科生が卒業研究を発表、その内高専生は40名、北九州高専からは11名が参加しました。
 機械工学科坂口聡範君は「簡易脳波計を用いたUAVの遠隔操縦システムの開発」について、また制御情報工学科奥村康平君は、「ユーザビリティを考慮した発展型シティコミュータの研究開発」について発表を行い、優秀講演賞を受賞しました。
 坂口君は、「自分の研究を発表できて嬉しく思います。今後、応用した内容を韓国での学会で発表する予定です」、奥村君は、「乗り物を法律で定められた基準サイズに収め、安定性と安全性を考慮して一から設計しました。苦労しましたが良い経験になりました」と感想を述べました。
 現在、坂口君と奥村君は北九州高専専攻科に進学して、さらに研究に励んでいます。

参考
UAV (Unmanned Aerial Vehicle) 無人航空機

http://www.jsme.or.jp/conference/kyconf14-2/index.html 第45回卒業研究発表講演会

http://www.jsme.or.jp/conference/kyconf14-2/presentation.html 優秀講演賞受賞者