世界水フォーラム「九州デ―」で物質化学工学科2年の石坪雄大君が活動報告しました

HOME » 新着情報 » 平成27年度 » 世界水フォーラム「九州デ―」で物質化学工学科2年の石坪雄大君が活動報告しました

  4月14日(火)に韓国・大邱で第7回世界水フォーラム「九州デー」が催されました。水環境保全や治水対策に取り組む九州各地の17団体が、会場内の日本パビリオンで活動内容を報告するもので、九州大学や九州経済調査協会などが実行委員会を組織し、九州の取り組みをアピールしようと産官学の関係者に参加を呼びかけ、約60人が訪韓しました。
  直方市などの中高生による勉強会「遠賀川流域子ども水フォーラム」で物質化学工学科2年の石坪君を含む高校生3人が英語で活動報告、遠賀川の水質の現状を紹介、環境に優しいせっけん開発という将来の夢を語りました。石坪君は「いい経験ができました」と話しています。