創立50周年記念式典を挙行しました

HOME » 新着情報 » 平成27年度 » 創立50周年記念式典を挙行しました

 12月5日、北九州高専創立50周年記念式典が小倉北区のアルモニーサンク北九州ソレイユホールで挙行されました。
 式典には文部科学省、高専機構、北九州市、近隣の大学や企業の関係者、歴代校長初め多くの来賓、OB、全在校生が出席しました。
 塚本寛校長の式辞、来賓祝辞、祝電披露と続き、校歌斉唱で式典を終えました。次いで、創立50周年記念シンボルマーク最優秀賞および優秀賞の表彰式と新シンボルマーク(新高専バード)の披露が行われました。
 最後は6名のOBによる「北九州高専の歩み~これまでとこれから」と題したパネルディスカッションが開かれました。パネリストはそれぞれに自らの学生時代、就職、進学、社会人としての苦労とその克服などについて述べながら、在校生たちに向けては、「グローバルな視野と挑戦することの大切さ」を語りました。予定の1時間を超える熱い議論が交わされました。
 その後の祝賀会では、OB、旧教職員が多く集い、あちこちでにぎやかな話の花が咲いていました。