専攻科1年生が第53回化学関連支部合同九州大会 無機化学部門で若手研究者奨励賞を受賞しました

HOME » 新着情報 » 平成28年度 » 専攻科1年生が第53回化学関連支部合同九州大会 無機化学部門で若手研究者奨励賞を受賞しました

  7月2日(土)第53回化学関連支部合同九州大会が北九州国際会議場で開催され、無機化学部門 若手研究者奨励賞(ポスター賞)に専攻科1年生の我毛 智哉君(松嶋・小畑研究室)が選ばれました。
  化学関連支部合同九州大会は、日本化学会九州支部及び他の7つの化学関連九州支部等が合同で研究発表会を開催するものであり、特に若手研究者の研究意欲の増進と支部の活性化に資することを目的としています。
  我毛君は、「奨励賞の受賞を大変光栄に思います。さらに研究活動に励み、将来は一流の研究者になりたいと思います」と力強いコメントを寄せてくれました。発表題目は、「Tran-Blaha交換ポテンシャルを用いたBa3Ta6Si4O26に関する第一原理バンド計算」であり、これまで未解明であったBa3Ta6Si4O26の固体電子構造や光学的性質を明らかにしました。現在、我毛君は英語による学術論文作成を始めており、近々学術専門誌に投稿する予定です。

無機化学部門若手研究者奨励賞