ワークショップ「授業力UPのためのアクティブラーニング」を開催しました

HOME » 新着情報 » 平成28年度 » ワークショップ「授業力UPのためのアクティブラーニング」を開催しました

 9月8日から9日に北九州高専ワークショップ「授業力UPのためのアクティブラーニング」を開催しました。全国の10高専、高校、民間企業から計54名が参加しました。また全国の22高専20キャンパスにGIネットで配信されました。
 1日目は市坪誠先生(長岡技術科学大学大学院工学研究科教授)による「AL型授業の設計」についての講演とワークショップ、下郡啓夫先生(函館工業高等専門学校一般科目理数系教授)による「グループワーク型授業」についてのワークショップを行いました。2日目は油谷英明先生(本校生産デザイン工学科教授)による「PBL型授業」についてのワークショップを行いました。ワークショップでは、両日ともに数名のグループに分かれて模擬授業やPBL等のワークが活発に行われました。今回のワークショップでの経験を今後の教育活動に活かしていきたいという感想が多数寄せられました。

     
   長岡技術科学大学 市坪 誠先生による講演         グループワークの様子