平成29年度「危機対応講演会」を開催しました。

HOME » 新着情報 » 平成29年度 » 平成29年度「危機対応講演会」を開催しました。

 1月24日に、教職員を対象とした「危機対応講演会」を開催しました。日頃から学校の危機対応にあたっておられる九州産業大学国際文化学部臨床心理学科 稲田尚史教授を講師に迎え、緊急事態とは・・・といった基本的なところから、命を守るために何ができるか、一次予防と初期対応の重要性等、グループディスカッションを交えながら丁寧に御説明いただきました。

  受講者からは、「緊急事態は身近におこるものだと意識できた」、「対応手順等再確認でき、自分にも対応できるかもという自信につながった」、「マニュアルを見直そうと思った」、「危機感が不足していたと感じた」等、意識の変化を感じる意見が多数寄せられました。  

①講演会の様子

②グループディスカッションの様子