3.卒業後の進路に関すること

HOME » 入試情報 » 入試に関するQ&A » 3.卒業後の進路に関すること

3.卒業後の進路に関すること

Q 3 - 1 途中で転科或いは進路変更は可能ですか?

A.所属学科の変更を希望するものがあるときは、学科の状況や成績などの条件をふまえて選考のうえ第3学年までに限り許可することがありますが、実際にはこれまで転科が認められた例はありません。進路変更については、第3学年修了時点で高校卒業と同程度の学力を取得したものとみなされますので、第3学年修了見込みで大学を受験することも可能です。その他にも、高専の5年を卒業して、大学の3年次に編入学することができます。この場合、自分の学んだ専門分野の学科に編入学するのが一般的ですが、高専で所属した学科とは異なる分野の学科に編入学する場合もあります。具体的には工学部の他学科や理学部、農学部等への編入学が挙げられます。

Q 3 - 2 高専の卒業生は職場でどのような待遇をうけられますか?

A.多くの企業では、仕事面では大学卒業者と同等であり、給与面でも大学卒業者に準じて扱われます。職種は、製品企画、開発設計などの分野が多く、将来の基幹技術者として嘱望されています。産業別では製造業やIT産業の技術職に就職しています。地域としては関東・関西地域及び地元と幅広く就職しています。

Q 3 - 3 大学に編入学するためには、特別な受験勉強は必要ですか?

A.編入学試験は大学入試と異なり、高専での教育を十分修得しているかを見るものですから、日頃の勉強を地道に続けていれば特に受験のための勉強をする必要はありません。また高専での成績が良ければ推薦で編入学できる大学も多く、毎年、国立大学を中心に40人前後の学生が工学部や理学部等へ編入学し、更に勉強を続けています。