本校の JABEE 認定の取組み

HOME » 学校案内 » 外部評価 » JABEE » 本校の JABEE 認定の取組み

本校のJABEE認定の取組み 

 技術の高度化、情報化、国際化の進展に伴い、産業界からは創造的技術開発能力を持った技術者が求められるようになっています。そこで、北九州高専では「明るい未来を創造する開拓型エンジニアの育成」のため、本科4年次から専攻科2年次までの4年間について、全学科を一つにした複合型の工学教育プログラム(教育プログラム名「生産デザイン工学」)を設定し、平成16年度からこのプログラムによる教育を実施しています。

  この教育プログラムは、日本技術者教育認定制度に基づき、平成17年に日本技術者教育認定機構(JABEE:Japan Accreditation Board for Engineering Education)の審査を受け、平成18年5月にJABEEより認定されました。日本技術者教育認定制度とは、大学など高等教育機関で実施されている技術者教育プログラムが、社会の要求水準を満たしているかどうかを外部機関が公平に評価し、要求水準を満たしている教育プログラムを認定する専門制度で、平成11年に設置されたJABEEが技術者教育プログラムの審査・認定を行っています。平成22年度および平成28年度には認定継続審査を受審し、認定期間が平成33年度まで延長されています。

  高専においては、専攻科の課程を修了し大学評価・学位授与機構の試験に合格すれば「学士」の学位(大学卒業の資格)を取得できることから、本科4年次から専攻科2年次までの4年間の教育プログラムが大学相当と考えられ審査・認定の対象となります。なお、平成26年度専攻科入学生から、学位授与に相応しい内容の学修総まとめ科目(平成26年度入学生:専門工学特別研究Ⅱ、平成27年度入学生:生産デザイン工学特別研究Ⅳ)の履修計画書と研究論文の要旨を大学評価・学位授与機構に提出することで学位が授与される制度も導入されました。

  本校は、「幅広い工学基礎と創造的技術開発力の修得」、「国際社会で尊敬され、信頼される国際センスの修得」、「地球にやさしい技術を開発できる心豊かな人間性の涵養」の3つの教育目的を達成するために、従来から(A)-(F)の6項目からなる「学習・教育到達目標」を定めています。また、2つ目の教育目的の達成を強化するために、平成26年度には、チームワークに関する目標(G)を新たに設定しました。これらの学習・教育到達目標の下には、それぞれ「具体的達成内容」があり、これらは教育プログラム修了までに身に付けるべき学力、資質及び能力を示しています。平成26年度から、「学習・教育到達目標」と「具体的達成内容」を「学習・教育到達目標」と総称することで、「教育として目指すべきもの」ではなく、「学生諸君に到達させるべきもの」であることを明確にしました。本教育プログラムでは、この学習・教育到達目標を達成するための教育と指導を行います。