北九州高専 西日本製造技術イノベーション2017・ロボット産業マッチングフェア北九州2017に出展。

HOME » 学校案内 » 広報誌 » 文教ニュース・文教速報 » 平成29年度 » 北九州高専 西日本製造技術イノベーション2017・ロボット産業マッチングフェア北九州2017に出展。

文教ニュース・文教速報

   北九州市の西日本総合展示場で6月21日(水)から23日(金)まで開催の「西日本製造技術イノベーション2017」及び「ロボット産業マッチングフェア北九州2017」に、北九州高専のブースを出展した。
 「西日本製造技術イノベーション2017」では、各コースの紹介パネル、本校ものづくりセンターから「小型マシニングセンタ」での加工実演、「ロボコン出場ロボット」を展示し、イベントの新規企画「ものづくりチャレンジプレゼンテーション」では、滝本准教授、北園准教授がそれぞれ「ものづくり課外活動組織KOSEN FabLabの紹介」、「自動初期消火システムおよび洗濯物自動折りたたみシステム」についての発表をした。
 「ロボット産業マッチングフェア北九州2017」では久池井研究室から「IoTを活用した予知保全・稼働状況監視センシングシステム」を体験することができる展示を行い、来訪者の高い関心を集めた。
 イベントには参加された企業・大学関係者の皆様だけでなく、一般の方も展示を見学に来られており、北九州高専の高い技術力や高専生の創造性豊かな発想力を広くPRすることができ、大変有意義なものとなった。