技術相談・共同研究・受託研究・寄附金

HOME » 企業の皆様へ » 技術相談・共同研究・受託研究・寄附金

技術相談

民間企業等における技術的な問題を解決するため、本校の有する研究成果や技術的知識を広く活用し、申込者に対する技術的問題解決に向けての支援、及び相互の研究開発等の活性化を図るための技術指導・助言を行います。
【申込方法】
技術相談申込書」にご記入の上、下記問い合わせ先へご提出ください。

共同研究

民間企業等から研究者及び研究経費等を受け入れて、本校教職員が共同研究員と共通のテーマについて研究を行います。
民間企業等と本校がそれぞれの施設で分担して研究を行うこともできます。
【申込方法】
共同研究申込書」にご記入の上、下記問い合わせ先へご提出ください。
お申込みいただきますと、共同研究の受け入れの審議を行い、受入れが決定した場合は、双方協議の上「共同研究契約」を締結します。この契約締結完了後に研究費を納入していただくことになり、研究を開始することができます。
お申し込み後、研究開始までの間、契約手続き等にお手続きの時間をいただくこととなりますので、期間の余裕を見てお申し込みください。
 (関係規則) 独立行政法人国立高等専門学校機構共同研究実施規則
       北九州工業高等専門学校共同研究実施規則

【税法上の優遇措置(共同試験研究促進税制)】
民間企業等が支出した研究費の12%相当額が、法人税(所得税)額から控除されます。ただし、控除額は法人税(所得税)額の20%相当額を限度とします。

受託研究

民間企業等から委託を受け、企業等に代わって本校の教員が研究を行い、その成果を委託者に対して報告します。これに要する研究費は委託者に負担していただきます。
【申込方法】
受託研究申込書」にご記入の上,下記問い合わせ先へご提出ください。
お申込みいただきますと、受託研究の受け入れの審議を行い、受入れが決定した場合は、双方協議の上「受託研究契約」を締結します。この契約締結完了後に研究費を納入していただくことになり、研究を開始することができます。
お申し込み後、研究開始までの間、契約手続き等のお手続きに時間をいただくこととなりますので、期間の余裕を見てお申し込みください。
 (関係規則) 独立行政法人国立高等専門学校機構受託研究実施規則
       北九州工業高等専門学校受託研究実施規則

【税法上の優遇措置(共同試験研究促進税制)】
民間企業等が支出した研究費の12%相当額が、法人税(所得税)額から控除されます。ただし、控除額は法人税(所得税)額の20%相当額を限度とします。

寄附金

教育や学術研究の奨励を目的に、企業や個人の皆様からの寄附金を受け入れています。寄附金は寄付者のご意向にかなった目的で使用させていただきます。
【申込方法】
寄附金申込書」にご記入の上、下記問い合わせ先へご提出ください。
【税法上の優遇措置】
(1)個人からのご寄附
 ・所得税の優遇措置
   当該年中の寄附金が2,000円を超えた場合は、確定申告することにより、所得の40%を限度として所得の控除が受けられます。
   寄附金控除額=寄附金額(又は所得×40%)-2,000円
 ・個人住民税の優遇措置
   各都道府県、市町村の条例により控除を受けられる場合があります。詳しくは、お住まいの各市町村にお問い合わせ下さい。
(2)法人からのご寄附
 ・法人税の優遇措置
   寄附金の全額を損金に算入することができます。
  (寄附額が当該事業年度に係る損金算入限度額を超える場合には,当該損金算入限度額に相当する金額)

その他関連情報

学内設備について

研究契約を結びますと、北九州高専内のものづくりセンター にある設備を利用できます。

研究者について

教員総覧 から研究者の一覧をご覧いただけます。

 

お問い合わせ先

北九州工業高等専門学校 総務課 研究支援係
住 所:〒802-0985 福岡県北九州市小倉南区志井五丁目20番1号
電 話:093-964-7216 FAX:093-964-7226
E-mail:s-kenkyu□kct.ac.jp
   「□」を「@」に変更ください。