3高専とJICAが連携し、アフリカの技術課題の解決に挑戦

HOME » 新着情報 » 平成31年度 » 3高専とJICAが連携し、アフリカの技術課題の解決に挑戦

 国際協力機構(JICA)と北九州高専、佐世保高専、徳山高専の3校は、相互に連携しながら開発途上にある海外の国々や地域における国際協力事業の質の向上と教育の発展に寄与することを目的として、「JICA-高専イノベーションプラットフォーム」設置に関する覚書に調印しました。
 調印式では、アフリカの現地でプロトタイプの技術開発に挑戦した学生2名の活動報告がありました。本校から登壇した機械創造システムコース3年の曽山乃明さんは、ルワンダでのコーヒー豆の糖度検査の模様を報告しました。曽山さんに続く、高専生の活躍にJICAから大きな期待が寄せられました。