北九州高専の学生がソレコン大賞を受賞しました

HOME » 新着情報 » 平成31年度 » 北九州高専の学生がソレコン大賞を受賞しました

 北九州高専専攻科2年生の村田飛翔くんと、本科3年生の曽山乃明さんからなるチーム「わかめすうぷ」が、
第7回タカハソレノイドコンテストの最高賞であるソレコン大賞を受賞しました。

 今年で7回目の開催となるタカハソレノイドコンテスト(通称:ソレコン)は、
ソレノイドを使ったユニークなアイデアによる発明品のコンテストで、
「ソレノイド」の知名度を高めようと、電気部品メーカー「タカハ機工株式会社」が開催しているコンテストです。

 今回ソレコン大賞を受賞した作品「poco rit.」は、ソレノイドがリズムよく板を振動させ、
それに合わせて口の形を変化させることで音程のコントロールをすることができる楽器です。
歴代ソレコン大賞の中でも最もシンプルな機構ながら、そのアイデアの面白さと製品化しやすさが評価されたとのことです。

 卒業生を含めると,北九州高専からは第2回、第4回に続いて3度目のソレコン大賞受賞となります。

ソレコン結果発表(タカハ機工株式会社のウェブサイト)
http://takaha.co.jp/co/solcon/solrst/

西日本新聞に掲載されました(西日本新聞のウェブサイト)
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/594086/