第21回九州・大学発ベンチャー・ビジネスプランコンテストにて本校学生が受賞しました

HOME » 新着情報 » 令和3年度 » 第21回九州・大学発ベンチャー・ビジネスプランコンテストにて本校学生が受賞しました
第21回九州・大学発ベンチャー・ビジネスプランコンテストが、2021年12月18日(土)、ももち浜SRPホールで開催されました。
コンテストは九州地域の高専・大学に眠っているシーズの発掘と育成を図り、多くのイノベーションを生み出すことを目的に、
平成13年度にスタートしました。
今年は高専・大学22校54プランの応募があり、第一次書類選考、第二次プレゼンテーション審査を経て、10組が今回の一般公開での
最終プレゼンテーション審査まで進みました。
本校から「病院内での歩行案内支援ロボット」(専攻科2年生:岡部 唯人さん、専攻科1年生:渡邉 陽向さん)と「AR技術を活用したダイバー育成のための研磨手順表示システム」(専攻科2年生:笛 凌太郎さん、専攻科1年生:石川 風人さん・岩本 憲悟さん)の2件が最終プレゼンテーション審査に臨みました。
「病院内での歩行案内支援ロボット」は、優秀賞・九州電力グループ賞のダブル受賞、「AR技術を活用したダイバー育成のための研磨手順表示システム」は、NICT賞を受賞し起業家甲子園への挑戦権を獲得しました。2022年3月8日に開催された起業家甲子園では、ソフトバンク賞を受賞しています。岡部さん・笛さんは、昨年の優秀賞に続き2年連続の受賞となりました。
https://qshu-nbc.or.jp/2022/01/11/【-第21回九州・大学発ベンチャー・ビジネスプラ/
https://www.nict.go.jp/venture/koshien2021.html

(左から)本江校長,岡部さん,笛さん,久池井教員