知能ロボットシステムコース4年 原田知佳さん(高専起業部)の活動が、北九州市の『市政便り』(9月1日号)に掲載されました

HOME » 新着情報 » 令和4年度 » 知能ロボットシステムコース4年 原田知佳さん(高専起業部)の活動が、北九州市の『市政便り』(9月1日号)に掲載されました

知能ロボットシステムコース4年 原田知佳さん(高専起業部所属)は、昨年度北九州市が主催した「IoT Maker's Projects」に「Call(こーる)バー」というテーマで応募し、見事「株式会社LAC」と「トヨタ自動車九州」の支援対象に採択されました。

「Call(こーる)バー」は、いつも来訪者との歓談を楽しみにしているおばあちゃんから、「耳が遠くなって訪問者の鳴らす呼び鈴に気付けないことが増えてしまった」という悩みを聞いて、「音以外の何かで来訪を伝える方法」がないか、と思案していました。結果、「腕につけるデバイスへの振動でも来訪を伝えられれば」と考え、デバイスを発案・開発することにし、その実現のために「IoT Maker's Projects」に応募しました。

デバイスの完成成果報告では高い評価を受け、また、北九州市からも「市政便りにより、広く周知したい」という申し出を受け、今回の掲載となりました。
「高齢者の楽しみである友人とのおしゃべりの機会を確保したい」という原田さんの思いは、社会が抱える課題を技術で解決することが出来るという、本校学生への強いメッセージにもなりました。

 

【IoT Maker's Projects については下記リンクを参照して下さい】

https://kitakyushu-makers.com/top#sec_home_about

 【成果発表の様子は以下のYouTubeでもご覧になれます】

https://www.youtube.com/watch?v=EmKWok7psUE

 【北九州 市政便り(9月1日号)】