専攻科 長期インターンシップ(特別実習)説明会を開催しました。

HOME » 新着情報 » 平成29年度 » 専攻科 長期インターンシップ(特別実習)説明会を開催しました。

 6月21日(水)本校大講義室にて、『専攻科 長期インターンシップ(特別実習)の説明会』を開催し、専攻科1年生46名と多くの特別研究指導教員が参加しました。
 この長期インターンシップは、企業技術者と協働して生産現場で実践的なPBLに取り組むことで、学生の課題解決能力の向上を図ることを目的としています。今年度から専攻科で開講されるもので、週1日(8時間)20週で4単位、又は1カ月間で4単位を修得することができます。
 説明会では、松嶋専攻科主事の開催挨拶に続き、添田教授より、本インターンシップの目的、目標、実習スケジュール、実習の進め方、修得単位及び評価方法等についての説明がありました。
 引き続き、石川教育サポーター、内田キャリア支援室長から、長期インターンシップ協力(受入)企業の概要,実習課題,実習内容及び実習期間について企業毎に詳しい説明を行いました。
 長期インターンシップに参加することは、今後のキャリアデザインにおいて非常に重要であり、問題解決能力を身に付けるだけでなく、将来の就職活動においても非常に役に立つので、多くの学生がインターンシップに積極的に参加するように呼びかけられました。