平成30年度 釜山外国語大学学生 北九州高専研修受入プログラムを実施しました。

HOME » 新着情報 » 平成30年度 » 平成30年度 釜山外国語大学学生 北九州高専研修受入プログラムを実施しました。

交流協定締結校である韓国・釜山外国語大学の学生16名が本校で研修を受講し、本校学生たちと交流しました。本プログラムは北九州市国際ビジネス政策課と協働で昨年度より実施しているもので、1月15日から27日までの日程で北九州市に滞在し、そのうち3日間は本校を訪れました。
本校教員による特別講義を受講したほか、1年生の授業への参加、学生との交流会、4・5年生の前で日本語によるプレゼンテーションに挑戦するなど様々な取り組みを行いました。また、26日(土)には本校学生が案内役となり、1日をともに過ごしながら市内をめぐる「ホームビジット」も催されました。
本校学生たちも積極的に話しかけ、釜山外大学生との交流を満喫しました。隣国の大学生の等身大の姿を知ることができ、顔を合わせて交流することの意義を感じたようです。
また、流暢に日本語を話す釜山外大生から外国語学習へ取り組む刺激を受け、海外留学への意欲が高まったとの声も聞かれました。
研修の成果報告会でも、高専での交流が特に印象深かったとの報告が多くあがりました。
日韓双方の学生にとって意義深い国際交流の機会となりました。