サモア・トンガ・フィジー・パプアニューギニアから、最優秀の高校生が本校を訪問しました。

HOME » 新着情報 » 平成30年度 » サモア・トンガ・フィジー・パプアニューギニアから、最優秀の高校生が本校を訪問しました。

 太平洋諸島から20名の高校生が本校を訪問しました。今回の訪問は、科学技術振興機構(JST)日本・アジア青少年サイエンス交流事業の一環として、アジア地域から最優秀の高校生を招聘し、日本の最先端の科学技術やトップの科学者と接するプログラム「さくらサイエンスハイスクールプログラム」に本校が協力するものです。
 台風一過の7月4日(水)、彼らが南国の太陽を連れてきたかのような青空の下、本校発のベンチャー企業 Next Technology やものづくりセンター、各コース実験室、卒業研究の様子を見学、寮では本校で学んでいる留学生と、研究室や食堂でも本校の学生達と英語でのコミュニケーションを楽しんでいました。
 また、校内移動中、昼休みにスイカ割をして遊ぶ学生達に偶然遭遇し、一緒に盛り上がる場面もありました。
高校生たちは、「今回の見学は大変興味深く、たくさんの刺激を受けた。いつか日本に戻ってきます!」と力強い挨拶を残し、本校を後にしました。
(彼らは本校の他に、安川電機訪問や日本科学未来館での毛利館長講演聴講など6日間の日程を予定しています。)

    

        校長、国際交流委員長と記念撮影                     ニュートンのりんごの木!!

   

         ニュートンのりんごの木!!                        Next Technology                                        

            

             はなちゃん初体験                            研究室

   

       5年生から卒業研究について英語で説明                        研究室

   

           学生食堂でランチタイム                         スイカ割りに遭遇  

       

          学生寮で本校留学生との交流                   タイからの短期留学生による研究の説明

   

             ものづくりセンター

   

              電気自動車                            電力実験室見学

   

           研究中の専攻科生とも友達に               お土産にココナッツの宝石入れをいただきました。