日本農芸化学会平成30年度西日本支部大会で専攻科生が優秀発表賞を受賞しました。

HOME » 新着情報 » 平成30年度 » 日本農芸化学会平成30年度西日本支部大会で専攻科生が優秀発表賞を受賞しました。

  9月21日、22日に崇城大学池田キャンパス(熊本市)で開催された日本農芸化学会平成30年度西日本支部大会にて、生産デザイン工学専攻2年の秋山京佑君(粕屋中学校出身)が「T細胞系融合パートナーを用いた細胞融合によるヒトモノクローナル抗体の効率的生産」というタイトルで発表を行い、優秀発表賞を受賞しました。
  発表を終えて秋山君は、「とても光栄な賞をいただき本当に嬉しく思います。今回受賞できたのも多くの方々のご協力あってのことだと感謝しております。今後も気持ちを引き締めて、より一層精進したいと思います。」と感想を述べました。

http://nishinihon.jsbba.or.jp/presentation/presentation2018/324-2.html