平成30年度知能ロボットシステムコース・インターンシップ特別講義を実施しました。

HOME » 新着情報 » 平成30年度 » 平成30年度知能ロボットシステムコース・インターンシップ特別講義を実施しました。

  平成30年12月10日(月),国立研究開発法人 産業技術総合研究所 研究員の森田伸友氏を講師にお招きし,『進路,どうやって決めた? ~研究員になったとある高専OBの例~』と題したインターンシップ特別講義を,知能ロボットシステムコース3年生および4年生を対象に実施しました。

 森田氏は本校の制御情報工学科の卒業生であり,本校3年生の進路を考え始めた頃から大学編入学,就職,大学院博士課程進学を経て現在の研究員になるまでのご自身の経験を通して,進路選択の時期や選択する上でのポイント,基礎となる学習の大切さ,編入した大学での研究や学生生活,企業での職務や社会人生活などの紹介やアドバイスがあり,さらに制御情報工学科の同級生の現在の状況とコメントの紹介もありました。学生は森田氏の経験や同級生からのコメントなどを熱心に聞き,特別講義終了後もしばらく質問が続くなど,これからの自分の進路について,より深く考える機会となりました。