第8回高専-TUT太陽電池合同シンポジウムにおいて優秀口頭発表賞受賞

HOME » 新着情報 » 平成30年度 » 第8回高専-TUT太陽電池合同シンポジウムにおいて優秀口頭発表賞受賞

 平成30年12月22-23日に和歌山県勤労福祉会館(プラザホープ)を会場に開催された「第8回高専-TUT太陽電池合同シンポジウム」において,本校の専攻科生産デザイン工学専攻2年 髙時元汰君が優秀口頭発表賞を受賞しました。


◆優秀口頭発表賞
「発光体色素含有多分岐共重合体を用いた光アップコンバージョン色素系の研究開発」
◯髙時元汰,山根大和(生産デザイン工学科 物質化学コース)


 本シンポジウムは,豊橋技術科学大学平成30年度研究連携ネットワーク構築支援の一環として開催され,太陽電池に関する日頃の研究成果について発表が行われました。毎回、太陽電池という共通のテーマで集まっていることもあり,学生同士の議論や情報交換が活発に行われています。この研究連携ネットワーク構築支援プロジェクトは,現在まで参画高専数20 校,参画教員数27 名,登録学生数57 名であり,本シンポジウムの参加数は92名でした。本シンポジウムの参画教員の研究領域は,化合物系,Si 系,有機・色素増感・ハイブリッド系などの太陽電池に止まらず,プラズマ関連技術などその周辺技術も取り込んだ幅広い研究・教育領域を包含しており,世界級成果を始め多くの研究成果を輩出しており,その研究連携の強化と推進を行っています。また,髙時君の研究発表の一部は,高専機構平成30年度研究プロジェクト経費太陽電池の研究ネットワーク形成事業での教育研究活動の一環としても行われました。