ミシマ・オーエー・システム株式会社×北九州高専 共同研究室を設置

HOME » 新着情報 » 令和2年度 » ミシマ・オーエー・システム株式会社×北九州高専 共同研究室を設置

ミシマ・オーエー・システム株式会社(本社:北九州市八幡東区、代表取締役社長:溝田力三)と本校は、令和2年4月1日に共同で研究室を運営する「共同研究室」を校内に設置いたしました。
本校・久池井研究室のAGVおよび各種センシング技術とミシマ・オーエー・システム株式会社のMESやERP技術の融合により、工場内運搬機能のCPS化と工場デジタルツインの研究開発、デジタライゼーションによる「ものづくりセンター」の高度化を目指します。

共同研究室名称:ミシマ・オーエー・システムCPS共同研究室
研究題目:MES・ERPを活用したCPSの高度化に関する研究
設置期間:2020年4月1日~2023年3月31日
設置場所:北九州高専 総合研究実験棟2階
本校側の研究代表者:久池井 茂 教授(知能ロボットシステムコース)

※AGV:無人搬送車
 CPS:サイバーフィジカルシステムの略。物理空間でシステムが収集した情報をサイバー空間で解析を行う。
 MES:製造実行システム。
 ERP:統合基幹業務システム。

ミシマ・オーエー・システム株式会社HP https://www.mishimaoa.co.jp/


左から 溝田代表取締役社長、北九州高専・本江校長、落合取締役・システム部部長