死亡叙位および瑞宝小綬章の授与式を行いました

HOME » 新着情報 » 令和2年度 » 死亡叙位および瑞宝小綬章の授与式を行いました

令和2年7月14日にご逝去された本校元名誉教授の 野母 邦彦 氏 に、長年にわたる本校での功績が称えられ、このたび内閣総理大臣から従四位及び瑞宝小綬章が授与されました。
10月19日(月)に本江校長からご遺族の方に位記等が手渡され、記念撮影及び懇談を行いました。ご遺族の方は今回の受章を大変お喜びになり、故人を偲んで懐かしいお話に花が咲いた一時でした。

※死亡叙勲:勲章の対象となるべき方が亡くなられた場合、春秋叙勲とは別に随時勲章が授与されること。
※死亡叙位:国家または公共に対して功績のあった方が死亡した際に生涯の功績を称え、「位」を授与されること。位階は、「正」「従」各8位の16階とされ、死亡者に対する叙位を死亡叙位という。