第18回高校生福祉文化賞エッセイコンテストで最優秀賞を受賞!

HOME » 新着情報 » 令和2年度 » 第18回高校生福祉文化賞エッセイコンテストで最優秀賞を受賞!

第18回高校生福祉文化賞エッセイコンテストにて、生産デザイン工学科2年生の桑山涼花さんが最優秀賞を受賞しました。
このコンテストは第1分野「ひと・まち・暮らしのなかで―わたしが感じていること―」、第2分野「スポーツ・文化活動とわたし―わたしが大切にして取り組んでいること―」、第3分野「すべての人が幸せであるために―わたしが考えるこれからの社会―」の三つの分野で作品を募集するもので、総応募数8193作品の中から、桑山さんは第1分野の最優秀賞に選ばれました。
10月25日(日)にはオンラインで授賞式が行われ、審査員の方から「自分を深くみつめた作品」、「精神の豊かさを感じる」という講評もありました。
11月3日(火)の朝日新聞の中の広告に受賞者の学校名と氏名が載っております。紙面はエッセイコンテストのホームページでも閲覧できますので、ぜひご覧ください。
なお、本校は同コンテストにて優秀学校賞を受賞しています。

第18回高校生福祉文化賞エッセイコンテストホームページ
https://www.n-fukushi.ac.jp/50th/essay/index.html