高専LIFE

Home > 高専LIFE > 学生寮での生活

学生寮での生活

浩志寮

本校の敷地内にある学生寮「浩志寮」では、多くの学生が共同生活を送っています。
男子寮と女子寮が整備されており、日常生活やイベントを通して、先輩や同級生と切磋琢磨しながら楽しく過ごせる環境です。学生寮の運営は、寮務委員会の指導のもと、寮生会を中心に行われています。

施設

居室、食堂、談話室、お風呂など

寮生会行事

新入生入寮オリエンテーション、納寮祭、寮マッチ、クリスマスパーティー、新成人を祝う女子寮もちつき大会

諸経費
寄宿料(1人部屋) 800円(月額)
寄宿料(2人部屋) 700円(月額)
管理費 100,000円(年額)
空調保守費 36,000円(年額)
空調電気使用費 10,000円(年額)
給食費 1,469円(日額)
入寮費 1,500円(入寮時)
寮生会費 3,000円(年額)
無線LAN使用料 1,100円(月額)
令和6年度新入生の入寮定員について

令和6年度新入生の入寮人数は最大で男子24人、女子7人です。入寮希望多数の場合は、原則、県外・市外を優先します。

挨拶

寮務主事 井上祐一

令和4年度より寮務主事を担当します物質化学コースの井上です。よろしくお願いします。

北九州高専の学生寮「浩志寮」には現在、男子寮と女子寮あわせて130名程度の学生がいます。その中には外国人留学生もおり、寮にいながら国際交流を図ることができます。

寮での生活には他にもメリットがあります。代表的なものとしては“時間的な余裕”や“集団生活”です。浩志寮は学校の敷地内にあり、通学にかかるはずの時間を学習や課外活動などに使うことができます。

また、規則を守って生活することで社会性が身に付くだけでなく、何より寝食を共にする大切な仲間を得ることもできます。一方で、それがデメリットになることもあります。時間があることで逆にゲーム等に没頭して授業に身が入らなくなったり、他人との生活になじめずにストレスを感じたりすることもあります。これらについては個々の性格や考え方によるところが大きいと思いますが、寮生活を続けて行く中で次第に自律心やコミュニケーション力が身に付いていくものと信じています。実際、上級生は寮生活の中でそれらを身に付け、課外活動のリーダーとして頑張っている人も多くいます。

なので、最初は寮生活にデメリットを感じていたとしても将来的には寮での経験が必ずメリットになるものと思います。また、そのようになるように寮の教職員一同、寮生を支援していきたいと思います。


男子寮長 江藤大輝

男子寮長 4年電気電子コースの江藤大輝です。

浩志寮は学校の敷地内にある自然に囲まれた寮です。地元から離れた北九州で寮生活をするにあたり、不安な気持ちを抱く中学生の方々は多いと思います。私も高専入学時、同級生や先輩にも知り合いがおらず不安な気持ちもありましたが、すぐに寮生の友人ができ今日まで楽しく過ごせています。浩志寮では同級生はもちろん、他学年とも共同生活をしているので勉強や部活動について気軽に聞いたり教えてもらうこともできます。

寮は規則正しい生活で成り立っていて朝から夜まで自由な時間も多く、メリハリのついた生活を送るとこができます。食事以外の洗濯や掃除は自分たちで行うため自立性も高めることができます。 

寮生活はあなたの人生において貴重な経験となるはずです。 私も男子寮長として、寮生がより快適に過ごせる寮を目指していきますので安心して入寮してください。


女子寮長 上田さくら

女子寮長の電気電子コース 4 年上田さくらです。
浩志寮に入ってよかったことは大きく 2 つあります。

1つ目は、人間関係を作れたことです。私は友人を作るのが上手くありません。しかし、寮生活という共通の時間を一緒に過ごすと、自ずと友人ができ、友人の友人という繋がりで友達の輪が広がっていきました。
2つ目は、自分でやらなければいけない家事がわかったことです。寮には友人がいるのでやり方を教えてもらったり、間違ったことを指摘されたり、したりと一人暮らしの予行練習が出来ました。
他にも趣味を語り合った時間や一緒に勉強した時間などたくさんの自由な時間を過ごせたと感じています。
中学卒業後すぐ親元を離れ、なれない環境での暮らしは大変かと思います。しかし、話が合う友達、仲良くなれる先輩がきっと出来て楽しい寮生活になると思います。

あなたが来るのを寮生一同心待ちにしています。

資料
 「寮生心得」を令和6年3月1日付けで改正しました